毎日のくらしを心地よく

|いえと生きる

  1. HOME
  2. 不動産売却バイブル
  3. 失敗しない不動産業者の選び方
  4. 不動産仲介業者の選び方

失敗しない不動産業者の選び方不動産を高値売却できる、不動産屋の選び方

仲介業者選びは不動産を売却する上で最も重要!

土地や家、マンションなどの不動産売却にまつわる疑問を質問できる身近な存在と言えば、やはり売買の間に入る仲介業者です。

売却をどのように進め、いくらで売り出し、どのタイミングでいくら値下げをするか・・・もちろん最終的な決定権があるのは売主である私たちなのですが、何せ知識がありません。

しかも相手は専門家だから、と言われるがままになってしまい、大抵は全て相談した仲介業者次第、となってしまう現状があります。

値下げのタイミング、いくらで売り出すか?不動産仲介業者によってやり方が全く変わる!

この物件は値段下げないとだめですねー、と言って値段より時期を優先し、相場より安く売ってしまう仲介業者がいる一方で、この条件の物件はうちは得意ですね!とより高く売ろうと努力してくれる仲介業者がいたり・・・。

不動産の売却の仕方・営業方針・値段をどう決めるか・値下げのタイミングなど・・・これらは業者によってやり方が全く変わります。そのため仲介業者選びはとても重要です。

不動産を高値売却できる不動産屋の選び方 3つのポイント

  • 【ポイント1】必ず複数の会社へ査定して貰うこと
  • 【ポイント2】高値売却の具体的な戦略を確認しよう
  • 【ポイント3】これを聞いて選ぼう!仲介業者への質問事項

【ポイント1】必ず複数の会社へ査定して貰うこと

複数査定は必須!1つの会社だけで決めてはだめ

不動産を売却する時は、ひとつの不動産屋にだけ査定して貰うのではなく、必ず複数の業者へ査定をしてもらいます。

同じ物件でも査定価格はこんなに差が出る!
不動産屋A 不動産屋B 不動産屋C
3,200万円 3,900万円 4,100万円

上記の通り査定価格に差が出るという理由が第一ですが、その他にも複数の不動産屋へ査定してもらうことで、自分の手持ち物件の価格相場が分かる、さらに色々な担当者と話すことで自分に知識がついていく、という事も理由として挙げられます。

他社の査定額と照らし合わせることにより、高すぎる査定額または低すぎる査定額だとすぐに「おかしい」と気付く事ができます。ひとつの会社にだけ査定してもらうやり方は相場と合っているのかすら分からないので、危険です。
不動産無料一括査定はこちらからできます。

査定後、ついつい一番高値を付けてくれたところと契約をしたくなりますがちょっと待った!です。契約を取りたいがために高値をつけたのではないか?売出し後すぐ値下げを勧めてくるのではないか?という懸念があります。

下記の2つのポイントを押さえ不動産屋を選ぶようにしましょう。

【ポイント2】高値売却の具体的な戦略を確認しよう

具体的な販売戦略やプランを突っ込んで確認!

それぞれ不動産会社に、売却したい物件を高値で売却するための具体的な戦略、どのように販売活動をしていくのか?その方法で高値で売却できると思うのは何故か?を突っ込んで詳しく聞いてみます。

例えば「土地」と一口にいっても、どんな土地なのか?によって効果的な売り出し方は異なります。

どんな用途に使える土地なのか?
  • 住宅用地
  • 賃貸マンション用地
  • 戸建て分譲用地
  • マンション分譲用地
  • 老人ホーム建設用地
  • 店舗用地
  • 駐車場用地
  • 事業用地

家やマンションの場合も同様です。

どんな条件の家、マンションを売却しようとしているのか?
  • 築年数が古い
  • 築浅の家、マンション
  • 訳あり物件
  • 共有名義の物件
  • 駅からの距離はどうか
  • 周辺生活環境はどうか

このように、その不動産に合った用途や販売戦略、売出し方が質問した時にパッと出てこないようではその不動産屋は心配です。一番大切な事は、“売却したい物件の種類に、どれだけその不動産屋が強いか?”です。

住宅用の土地ばかり売却経験がある不動産屋に、事業用地を高く売る事はできません。その反対も同じ事で、事業用地は多く経験がある不動産屋に、住宅用の狭小地を高く売る事はできません。

このような突っ込んだ質問を契約前にする人は意外と少ないので、ここでしっかり返答できるかどうかで、この会社に任せても大丈夫なのかどうかがハッキリします。

【ポイント3】これを聞いて選ぼう!仲介業者への質問事項

質問をぶつけて1番合った仲介業者を見極めよう

契約前に必ず聞いておきたい、不動産仲介業者への質問をまとめました。

なぜこの査定額になったのですか?

売却したい物件の査定額がどのような根拠でその金額になったのかをしっかり聞いておきましょう。

仲介業者の中には契約欲しさに他社よりわざと大きい金額で査定額を出しておいて、売出し後に「反響が悪いので・・・」と何かと理由をつけてすぐに値下げを勧めてくる業者があります。

以前私が契約したところで1番印象に残っているのは、

  • 売りたい物件近辺の現在売りに出ている物件の価格
  • 売りたい物件近辺の過去の取引事例(いくらで出て最終的にいくらで売れたか)
  • 過去10年坪単価推移

これらの資料を査定時に持って来て、それを基に査定額を提示してくれた仲介業者がありました。このように査定額の根拠をしっかり出して説明してくれる業者が安心できます。

似たような物件を販売した経験はどのくらいあるんですか?

【不動産売却~仲介業者の選び方】大手vs地元業者←こちらの記事にも少し書きましたが、仲介業者には「一戸建売却が得意」「マンション売却が得意」「土地売却が得意」・・・と得意な分野があります。

そのため土地を売却したい場合は土地の売却に強い仲介業者を、家を売りたい場合は中古住宅の売却に強い仲介業者、マンションではマンション売却に強い仲介業者・・・というように契約する不動産屋を選ぶことが大切です。

さらに自分の物件とより近い条件の物件を売却した経験はどのくらいあるのか、その時はいくらで売れたのか、期間はどのくらいかかったのか、などを予め質問し確認しておきます。

その不動産物件は相場より高く売れましたか?

上記で類似不動産売却の経験を確かめたら、実際にその物件が相場通りで売れたのか?それとも値下げしないと売れなかったか?相場よりも高く売れた経験はあるのか?を聞いておきます。

ここで「今は土地の売却はどこもきついんですよね~・・・」のような言い訳をする業者がありますので、そのような事を話された業者は候補から外した方が良いでしょう。ただその仲介業者に売却ノウハウが無いだけです。

具体的にどうやって相場より高く売却できたのでしょうか?

仲介業者は契約が欲しいので、うちは以前相場より○万円も高く売ったんですよ!と本当でなくても言って来る事があります。

素直に信じるのは危険なので、それが本当なのかどうか、口だけでないのかどうか?はこの質問で確認できます。何をどうやって、相場より高く売る事ができたのか。具体的なプロセスを確認しましょう。

貴社独自の戦略や高く物件を売却するための仕組みやシステムはありますか?

独自の戦略があるのかどうか。ハッキリ言って相場通りに売るのなんてどこでも出来ますから、その会社に任せることによって自分にどういうメリットがあるのかどうかを聞いておきます。

ここは大手仲介業者の方が強い仕組みをもっていることが多いですが、不動産物件を広いネットワークに流さない方が高く売れるという場合もあるので、各業者の強みを比較して自分の売却したい不動産物件に合った会社を選びます。

面倒くさがらずに複数の業者と話をしよう

手間を惜しまなければ売却価格が大幅にUPします!

複数の不動産仲介業者の担当者と話していくうちに、必ずここなら任せようと思えるところが見つかります。私も以前仲介業者選びの際には迷わず大手業者、地元業者含む4社を呼び、査定してもらうと共にしっかりそれぞれと話してから仲介業者を決めました。

確かに少し面倒くさいと思う気持ちはあるかと思いますが、この手間で売却価格に数百万も差がつくのです。
複数業者への不動産無料一括査定はこちらからできます。

ひとつの業者の話を鵜呑みにせず、「複数の業者に査定をしてもらう」「不動産の用途に合った戦略を考えてくれるところを選ぶ」「突っ込んだ質問をし比較する」。
これが土地を高値で売却出来る不動産仲介業者選びのポイントです。

物件売却前の必須知識
知っておきたい査定の裏側
失敗しない不動産業者の選び方
物件売り出し中の交渉術
売買契約とその後
不動産売却と相続手続き
ケース別売却ノウハウ
土地売却のコツ
このメディアの創り手

不動産を売却した過去の経験から、売主・買主共に最後まで気持ちよく売買取引ができる術をまとめました。