毎日のくらしを心地よく

|いえと生きる

  1. HOME
  2. 不動産売却バイブル
  3. 失敗しない不動産業者の選び方
  4. 大手と中小業者、どちらが良い?

失敗しない不動産業者の選び方【不動産売却~仲介業者の選び方】大手vs地元業者

大手か?地元の中小業者か?答えは「売却物件の特徴による」

大手業者、地元業者どちらが良い?

不動産仲介業者を選ぶとき、1番多い質問が「大手がいいですか?地元業者がいいですか?」というものです。これは売却したい不動産によりどちらが良いかは変わります。大手、地元双方の特徴を比べて見てみるとそれが良く分かります。

大手不動産仲介業者のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 大手だけでつくるネットワークがある
  • 全国に店舗網を持っている
  • 物件の情報を広く流す事ができる
  • 買主も多く集まってくる
  • 地域の特性理解では地元業者に劣る
  • 期間優先で売出し価格を低く薦めることも
  • 物件によっては広く情報を流しても意味がない
  • 「この地域で欲しい」という人が少ない

地元の中小不動産仲介業者のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • その地域の特色をよく理解している
  • 「その地域で」探している濃い買主が集まる
  • 地域の過去の取引データを知り尽くしている
  • 査定額の精度が高く、予想売却期間も正確
  • 広い範囲の情報量では大手に劣る
  • 全国には対応していない
  • かけられる広告費が大手よりも少ない

大手業者は情報量、地元業者はきめのこまかさが特徴!

大手は情報量が多く、ネットワークも広いので集客力は確かに凄いものがあります。広告費の予算も多いので広く自分の売却したい土地の情報を流す事ができます。

一方地元の中小業者は、ネットワークの広さでは大手にかないませんが「その地域」の売却には大変強いです。ここの地域ではいくらで売れ、どのくらい時間がかかる。ということを大手よりも正確に把握しています。また、売主からの「この地域は周りにどんなものがあるの?」という質問にも詳しくはっきりと、有利になるよう答える事ができます。

どうやって選べばいいの?

査定価格で選ぶ

家や土地、マンションなどの不動産を売却する時は、必ず複数の会社へ物件の査定をしてもらいます。
複数業者への不動産無料一括査定はこちらからできます。

そうすると、各社査定額に開きが必ず出ます。この査定額は、仲介会社がその土地を売却するのが得意か?不得意か?という内情とイコールの結果となることが多いです。

この物件が売れる!と思えば査定額は高く、この物件はあまり得意でないという場合、すぐに売れる価格で査定額を出してくるので金額は低くなります。

また、査定を複数の会社にしてもらうことで、色々な会社の担当者と話す事ができます。担当者との話の中で知り得る事はかなり多くあり、貴重な情報源となります。

必ず複数の会社に査定をしてもらおう

例えば、

  • その不動産の相場価格
  • 近辺の取引事例
  • どのような売り出し方をするのか
  • 担当者の知識はあるか
  • 自分と相性は合うか
  • 担当者からの話しの真偽がわかる

このようなことが複数の会社と話をすることでしっかり把握できます。大手にも地元業者にも査定をしてもらうことで、自分の物件に合った仲介会社を選ぶ事ができます。

広告で選ぶ

新聞の折り込み広告やポストに投函されるチラシ、店舗に掲示されている物件、店舗ホームページを見て自分が売りたい物件に似た不動産を多く仲介している会社を選ぶ方法です。

その会社によって、土地の売却が得意なところ、マンションの売却が得意なところ、中古住宅の売却が得意なところ・・・と様々です。例えば土地を売却したい場合は、土地を買いたい顧客を多く持つ不動産会社や、土地の仲介経験が豊富な会社を選びます。

物件の特徴別で考えた「大手」vs「地元」

総合的に判断した、物件の特徴別でみる仲介業者の選択です。

手持ちの物件が人気物件のとき

大手不動産仲介業者需要がある地域で、値段も高く取引されていて人気がある物件の場合は、大手不動産屋がおすすめ。全国に情報網が広がっているので物件情報を広める事ができますし、買主も多く集める事ができるので値段が下がりません。

築年数が古い物件のとき

地元不動産仲介業者一概にそうとも言えないのですが、築年数が経っている家やマンションの場合、大手不動産屋ほど値段よりも期間重視で売り急ぐ傾向があります。急がずより高く、と重視する場合は地元の昔からある不動産屋をお勧めします。

広い土地を売却したいとき

大手不動産仲介業者広い土地は、全国に探している買主がいるので全国的にネットワークをもつ大手業者がおすすめです。
個人ではなく、一般の会社や不動産屋が買い手となることもあります。

狭い土地を売却したいとき

地元不動産仲介業者狭い土地では、用途として居住用の家を建てるために物件を探している買主が多いです。その場合「この地域で建てたいから」と地域限定で探している人がほとんど。その地域のことを熟知している地元不動産仲介業者がおすすめです。

田舎の土地を売却したいとき

地元不動産仲介業者田舎では昔からその地域に根差して営業をしている不動産屋にお願いするのが一番です。親、祖母、その前々からずっと地元の不動産屋と昔からお付き合いがある場合も多いです。遠方でいちいち取引の度に現地へ行けない場合には、融通のきく大手業者も選択肢に入れましょう。

(関連記事:田舎の土地は売れない?売却方法(活用/維持との比較)

※但しいずれの場合も仲介業者の担当者が信頼できる人だということ前提です。必ず不動産を売却する際には複数の不動産屋へ査定を依頼して業者を比較してください。
不動産無料一括査定はこちらからできます。

駐車場を売却したい場合はこちら農地を売却したい場合はこちら

物件売却前の必須知識
知っておきたい査定の裏側
失敗しない不動産業者の選び方
物件売り出し中の交渉術
売買契約とその後
不動産売却と相続手続き
ケース別売却ノウハウ
土地売却のコツ
このメディアの創り手

不動産を売却した過去の経験から、売主・買主共に最後まで気持ちよく売買取引ができる術をまとめました。