毎日のくらしを心地よく

|いえと生きる

  1. HOME
  2. 不動産売却バイブル
  3. 物件売り出し中の交渉術
  4. 事例から学ぶ成功のコツ

物件売り出し中の交渉術【不動産売却体験談】事例から学ぶ成功のコツ

みんなの不動産売却体験談

25人の売却体験談!こうして売却成功しました

どうやって売却した?
値下げはした?
売却までどのくらい時間がかかるの?

家や土地、マンションなどの不動産を売却した25人の方へアンケートをとり、売り出しから実際に売却するまでの過程をまとめました。

売却時の状況

Q.売却の経緯を教えて下さい。
 売却の理由 25人のアンケート結果(棒グラフ) ライフスタイルの変化&住み替えが理由で売却する人が多い
【コメント】
男性1仕事場として賃貸のワンルームマンションを別に借りていたが、自宅兼仕事としてSOHOを行えるよう広いマンションへ移転したため。
男性アイコン高齢になり田んぼをやめたので。
男性アイコン工場用地の売却です。営業をやめ、固定資産税の負担が大変なので売却することにしました。
女性1夫が実家の仕事を継ぐことになりました。
男性2ずっとサラリーマンでいるつもりでマンションを購入しましたが、急遽予定が変わりました。
女性2夫の実家は遠方になるため、マンションを売って実家の近くに住むことになったため。
男性3母親の介護で急遽自宅の引越しが必要になったため
男性4子供が独立すると夫婦二人では広いので住み替えしようと思った
男性5母親の介護の為
女性3老人ホーム入居のため
女性4離婚したため

Q.不動産売却時、ローン残高や担保設定はありましたか。
 売却時のローン残高有無 25人のアンケート結果(棒グラフ) 「あり」の人が4割 ローンが残っていながら売却する人も多い
【「あり」と回答した方のコメント】
男性アイコン当初4,500万円の住宅ローンを借りたが、12年経過していたため残高は1,800万円程度残っていた。
女性アイコン新築から8年住みました。35年ローンを組んでいたので、約2800万残っていました。
男性アイコン約1000万円残っていました。
男性アイコン住宅ローンは約2400万円残っていました。
女性アイコン最後の住宅ローンは祖父の遺族年金を利用しましたし、祖父が住んでいる時には収入も年金もありましたが、残高が少しだけありました。

【こんな方もいました】
男性アイコン住宅ローンは、残っていませんがアパートの建築費が、まだ残っています。

不動産屋選び

Q.複数の不動産屋に査定してもらいましたか。
 査定は複数の会社に依頼したか 25人のアンケート結果(棒グラフ) 複数社に査定してもらい、比較してから契約に至る慎重派が多い
【複数社に査定依頼をした方のコメント】
男性アイコン一社だけだと不安だったので、複数の不動産屋に相談し結果を比べました。
男性アイコンその方が査定額が高くなると思ったので。
女性アイコン最初契約した不動産屋で全く売れず、別のいくつかの不動産屋に相談しました。
男性アイコンそれぞれの話を聞き比べてみたかったから。

【一社のみに査定してもらった方のコメント】
男性アイコンとにかく急いでいたのでそれどころではなかった。
女性アイコン面倒くさかったので。

不動産屋ってどうやって選べばいいの?
不動産を高値売却できる、不動産屋の選び方

Q.「複数社に査定してもらった」と回答した方に聞きました。全部でいくつの不動産屋に査定してもらいましたか。
 査定依頼した不動産屋の数 25人のアンケート結果(棒グラフ) 2~3社を比較する人が多い。中には30社以上に依頼したツワモノも!
【コメント】
女性アイコン3社に査定額を出してもらったので相場観がかなりつかめました。
女性アイコン各社の担当者で全く言う事が違って、会社によって色々違うんだなとびっくりした。
男性アイコン振り返ってみれば複数社に相談したことで、高く売却できたと思う。1社目の査定額で売り出していたら大損していた。
男性アイコン業者によっては値段がつけられないといわれたこともありました。しかし、あきらめずに何社か依頼し続けました。
女性アイコン人間ヤフオク状態と周囲の人間にいわれるほど、電話で別業者からの提示額にさらに上乗せが続き、どんどん値があがっていきました。亡くなった父が背後でやらせてるのでは?と言って笑う人もいました。ある日、地元の業者に今までの最高額を提示いただき、その業者に決めることにしました。

【こんな意見も】
男性アイコン30社以上に査定を依頼したら、多すぎて逆によく分からなくなってしまった。
男性アイコン複数社を比較した方が良いと思うが、査定額=売り出し価格・実際の売却価格ではないということは頭に入れた方が良いと思う。

不動産を売却する上で複数社の査定は必須!
不動産一括査定はこちらからできます。

Q.実際契約した不動産会社は大手業者・地元中小業者どちらですか。
 契約した不動産会社 25人のアンケート結果(棒グラフ) やや地元業者が優勢 物件によるので一概にどちらが良いとは言えない
【大手業者を選んだ理由】
女性アイコン東急リバブルに依頼した。瑕疵担保保証のついたリバブルあんしん仲介保証があったので、決断した。
女性アイコンどの業者にするかは、本当に最後の最後まで悩みました。理由1:不動産売却が初めてだったこと。理由2:物件が遠隔地のため交渉はメールがメイン。相手がみえないため遠隔地のお取引はかなり不安であること。
男性アイコン当物件の横にある不動産屋で、過去に売買の実績が一番多いことを知っていた。実際、同地域内で売却物件がでると、必ずそこの不動産屋のチラシが入っていた。
男性アイコン大手業者と契約しました。理由は、自宅から近かったためです。
男性アイコンこの不動産なら早く買い主も見つかると思いましたし、さらに広告の配布数も多かったので、ここなら多くの方に目に留まるのではないかと考えました。
女性アイコン担当に付いた営業の方が色んな説明を詳しくしてくれましたので、ここなら安心して任せても良いのではないかと感じました。
男性アイコン業界の大手であることと、査定での金額が高かったことが決め手になりました。
女性アイコンとにかく買い取り価格が一番高かった。
男性アイコン三菱地所のグループ会社でいちばん手数料が安く手堅いと思ったので
男性アイコン営業マンがとてもハキハキしていていろんな情報も教えてくれた。地元の中小業者 の営業マンは静かめの人で、査定価格と今後の流れを淡々と伝えただけで、当方の希望等はほとんど聞こうとしなかった。

【地元中小業者を選んだ理由】
女性アイコン地方都市になるので不動産会社の数は限定されてしまいます、その中で地元で知名度が高く、私でも知っている不動産会社にお願いしました。フリーの住宅情報雑誌を週に1回のペースで発行していたので人目につく機会も多いかと思いました。あとはその不動産会社に御世話になって対応が良かったという声も耳にしておりましたし、実際にその不動産会社のホームページなどを見ても抱えてる物件数が多かったし、それに対しての成約件数も多いと感じたからです。
男性アイコン購入時の不動産業者で、その地域では実績が多かったため。
女性アイコン良心的で親切な感じがしたので地元の小さな不動産屋をされてる方に頼みました。
男性アイコン購入時にお世話になっており、営業マンも信頼のおける方だったので迷わず決めました。
女性アイコン父の信頼している不動産業者なので、お任せしました。地元の業者ですが、自社ビルを持ち、建売住宅・リフォーム・不動産売買を中心に、堅実に仕事をされています。
女性アイコン私が長年申告をお願いしていた税理士さんの紹介です。
男性アイコン田舎の土地なので、地元で地元の業者に田んぼをしてくださる方を探してもらいました。

Q.不動産仲介業者との契約形態を教えて下さい。
 不動産仲介業者との契約形態 25人のアンケート結果(棒グラフ) ほとんどが専任契約を選択。「その方が真剣になってくれる」という意見が多数
【一般媒介契約を選んだ理由】
男性アイコン最初は専任媒介にしようと思いましたが、地方都市になるので専任では売ることに限界があると思ったからです。仮に他の不動産会社に話が来た場合、当方の耳に入らないのは売買の可能性を下げることになります。売ることが大前提だったので、少しでも多くの人に知って貰い、見てもらう機会が欲しかったからです。
男性アイコン広く広告されるのはかまわなかったので
女性アイコン一社だけの契約で専任媒介契約にしようと思ったのですが、窓口は広いほうがよいと思い2社の一般媒介契約にしました。
男性アイコン担当営業マンのすすめ。また、自分たちも地域的に人気が低い場所だと感じていたので、間口を広げて買い手を見つけたかったため。

【専任媒介契約を選んだ理由】
女性アイコン契約の種類は事前に、自分で勉強をしました。不動産屋さんに行き、そのマンションの売買について過去の実績を見せてもらいました。地元の不動産屋さんを数件回るつもりであることを伝えました。何より、どうすればいいかわからないというのが正直な気持ちでした。レインズに載せるので他の不動産会社にもきちんと情報は伝わると聞き、半信半疑ではありましたが、すがる思いもあり、そうしました。
男性アイコン不動産屋さんを信頼し出来るだけ任せてお願いしたかったから。
女性アイコン担当に付いた方が、専任媒介契約にしてもらえると会社の方で手続きが出来る事が増えると言われましたし、同時に手間も省けるのなら、その方が時間もかからす便利ではないかと思いました。
女性アイコンすべてお任せするため

【専属専任媒介契約を選んだ理由】
女性アイコン瑕疵担保保証があったことと、専任にした方が真剣に販売してくれると思ったから。
男性アイコンその方が、真剣に取り組んでもらえると考えたためです。また、専属の方が、物件を宣伝する予算が多めにでることも理由のひとつです。
男性アイコンポストにいつもその業者のチラシがはいっており、力を入れているようでしたので信頼してお願いしました。
女性アイコン専属専任媒介契約のほうが業者さんの熱意が違うような気がします。
男性アイコンその方が、真剣に対応してもらえるのではないかと考えたからです。
女性アイコン専属専任が一番熱心にやってくれるように思います。
女性アイコン専属専任媒介契約のほうが地元チラシへの掲載など、力を入れてくれるため。

仲介不動産屋とはどんな契約形態を選べば良い?
一般媒介と専任媒介どちらが良いか

売却交渉

Q.売却が決まるまでの物件の内覧・見学回数はどれくらいでしたか。
 売却までの内覧・見学の回数 25人のアンケート結果(棒グラフ) 売却決定までの内覧・見学回数は人それぞれ。1度の見学で決まることも有り得る
Q.物件購入希望者から問い合わせ・質問されたこと
【コメント】
男性アイコン周辺環境(子どもの学校と遊び場について)のこと、同じマンションに住んでいる住人(個人情報に抵触しない程度に)のこと、駐車場のこと、キッチンやバスなどで間取り図ではわからない小さな寸法のこと、リフォームした場所、夏や冬などの環境のこと。
女性アイコンエアコンやカーテンなど、どれだけの物を置いて行ってもらえるのか?物件が東向きだったため、洗濯ものの乾き具合はどうなのか?また、布団をベランダに干すことは可能なのか?ということ。あとは子供の居るご家庭だったので、治安も含めた周辺環境やマンション内での子供のいる母親同士の付き合いなどについてです。
女性アイコン駅前の物件なので、電車の音はきになりますか?風はきついですか?立地的に便利ですか?ぐらいで、あまり多くは聞かれていません。
女性アイコンこの場所で過去に亡くなった人が居ないかと、おかしな事を尋ねられましたが、幸いな事に代々祖父等も病院で亡くなっていましたので、正直にその旨を伝えました。
男性アイコン駐車場は付いているか、いくらか、管理費はいくらなのか
女性アイコン「周りはどんな人が住んでいますか?」「床暖房は頻繁に使いましたか?」などと聞かれました。床暖房については、買い主さんは引き渡し後、床面をリフォームするということで、床板を全部はがす方法で考えていらっしゃいました。その際に床暖房部分も取り外すため、リフォーム時に再度床暖房をつけるか、つけないか決めかねていたようです。なので、冬の間、床暖房を頻繁に使う必要があったかお聞きになったというわけです。
男性アイコン自治会の事やゴミ出しのことなどで簡単な質問がありました。
女性アイコン隣地との境界
女性アイコンたばこを吸っていたかどうか?

【こんな方もいました】
男性アイコン問合せの内容は知らなくて、業者さんがほとんど把握していたので、代わりに回答してくれました。(1年前その業者さんより購入しているので)
男性アイコンすでに買う気で来られていたので特にありませんでした。
男性アイコン不動産業者に任せていたので、私の方に直接の質問はなかったと思いますが、値引き交渉があったと記憶しています。
男性アイコン地元の土地なので見学はありませんでした。買主様は、どこか聞けば、それがどこなのかわかったと思います。
女性アイコン特になし。私どもにではなく、一緒に来た営業マンにいろいろと質問されていた様子。

Q.購入希望者の物件内覧・見学前にどんな準備をしましたか。
【コメント】
女性アイコン掃除をしました。また妻が来訪者の質問に答え、私(夫)は見学中は外で待機していました。これは仲介業者から、売却側の主人がいると買主が萎縮し、思うように物件を確認できないというアドバイスがありましたので、指示に従いました。より物件を売却しやすくする配慮と言うことです。
女性アイコン床のワックスがけをしました。いつもは割と散らかしてしまうことが多かったのですが、この時ばかりはいつも以上に念入りに片づけをしました。
女性アイコンゴミと遺品だけは業者に回収してもらいましたが、リフォームなしで内覧してもらいました。
男性アイコン不動産屋さんからの指示は、内覧前にすべてのカーテンを開ける、すべての電気をつけておく。あとは、掃除はしておいてくださいといわれました。少しでも広く、きれくみせるために整理整頓はしました。押し入れ、クローゼット、トイレ、お風呂、台所のシンク台の下などすべてしました。窓がかなり大きかったので、可能な限り拭きました。
男性アイコン床、窓、トイレ、水回りなど、掃除は丁寧にしました。きれいなスリッパを準備しました。
男性アイコン綺麗でしたので、簡単な掃除くらいです。
男性アイコン部屋の掃除(特に壁紙のふき掃除、水回りの掃除)、フローリング部分のワックスがけ、マンションですが専有庭があったので、草抜きと花木の手入れ。
女性アイコンまだ住んでいましたので、掃除を徹底的にしてなるべく収納し部屋に物を出さないようにし、要らないものは処分し収納も余裕をもって沢山収納できるように見えるようにしました。新築の時のように生活感が感じられないような感じで。
女性アイコンやはり内装は綺麗な方が良いと思いましたし、誰も住んではいなくても害虫が居るかも知れませんので、不動産に鍵を預ける前にはバルサンを利用した後の掃除後には、消臭剤を置いて清潔にしておきました。
女性アイコン居住中の内覧が1回ありましたが、簡単に清掃したくらいです。余計なものは部屋の中に置かないようにして、なるべく部屋が広く見えるようにしました。また、ベランダには洗濯物などを置かず、見通しがよいようにしました。
女性アイコンすべて処分するために、はじめにリサイクルショップで売れるものを出し、次に骨董品(古物屋)に引き取ってもらい、最後にゴミ処理として解体屋さんで全部荷物を引き取ってもらった。部屋はすっからかんです。
男性アイコン掃除、片付け、エアコンやガスコンロ、食器洗浄機など家電の取り扱い説明書を用意。わかりにくい位置のコンセント、足下灯は紙を貼って指示。内覧にはご夫婦の場合親御さんがいらっしゃる場合が多いので役立った。不動産業者に「外の音が気になる方がいるのでテレビをつけておいた方がよい」と言われそうした。ベランダから線路が見え、遮蔽ガラスだったが音を気にする人はいた。
男性アイコン家の中の掃除、部屋が広く見えるように家具の移動・使用していない家具の廃棄、庭の整理(枯れた木を切る、雑草を抜くなど)
男性アイコン簡単な掃除。一部柱や木枠のペンキ塗り。
女性アイコン貸家の為、以前、空き家になった時に掃除や不具合な箇所を修繕しました。ずっと空き家だったので、定期的に雑草を除去したりしていました。

【こんな方もいました】
女性アイコン田んぼを売却したのですが、特にこれといって何もしませんでした。

Q.物件購入希望者から何か要望されたことはありますか。
【コメント】
男性アイコンベランダにあった物置は置いていってと依頼されました。
男性アイコン見学の日に直接言われることはありませんでした。後日、不動産会社を通して全室のエアコンとトイレに設置したウォシュレットと全室のカーテンを置いて行ってほしい旨の申出がありました。現状渡しをするつもりだったことと、金額も良いものでしたので、こちらに関しては断りました。
男性アイコンありません。ひどい状態だといわれました。床も張り替えになるといわれました。上から貼るやり方なら安いといわれ、リフォーム業者にも見積もりをとらせましたが、後に買う側が好きにリフォームしたほうがいい場合があるので、かえってリフォームをしないほうがいいといわれました。リフォームはしませんでした。
女性アイコンこちらから次の家には不要なので、電気をおいときましょうか?と言いましたら、相手側が置いといてくださいといったので、電気を台所、洋室2部屋分おいてきました
女性アイコンベランダのウッドデッキと庭にパーゴラがあったのでそのままにしていってほしいと言われました。リフォームをするので照明器具は外していってほしいと言われました。
男性アイコン手続き当日にインターネット回線が通っているかどうかを尋ねられましたので、現在は契約を切っている状態でいるだけで、契約されたら利用出来る事を伝えたくらいで、買い主さんからの希望は何もありませんでした。
男性アイコン作り付けの本棚は処分して欲しい。その他、リフォーム業者を決めるため3回ほど室内の計測があった。水まわり、壁紙、床面などリフォーム予定ということだった
男性アイコン家具が少しだけ残っていたので、それを撤去してくれるのかどうかの確認がありました。

【こんな方もいました】
男性アイコン簡単なリフォーム(クロスの全面張り替えとクリーニング)をした後でしたので、部屋には何もない状態で、買主様からの要望はありませんでした。
女性アイコンだいぶ傷んでますね~と見学時に直接言われてしまいました。

実際の不動産売却

Q.売り出し価格から値下げはしましたか。
 値下げはしたか 25人のアンケート結果(棒グラフ) ほとんどの場合で値下げが必要。値下げすることを考えた上で売り出し価格設定を!
【値下げした方のコメント】
女性アイコン買主の住宅ローン予算に併せたため。ただ二組の申込があったので、高い値段を付けてくれた方に売ることになったため、高額値引きはしなくて済んだ。
女性アイコン相手の予算がその金額だったこと。こちらとしては出て行く日がほぼ確定していたので、早く決めたいという思いがありました。あとは該当物件の近隣で新築の建売住宅が発売になり、2000万円程度を中心とした価格設定でした。それほど値段が変わらないならば、どうしても新築に持っていかれてしまいます。ですので値引きに応じるしかない状況になってました。
女性アイコン5040万から4900万でしたが、買主からの値下げ交渉でした。不動産屋さんとも話しあい、大幅な値下げでもないので、条件は悪くないと思い承諾しました。
女性アイコン1310万円から1270万円に値下げした理由は、買い手がつかなかったため。1270万円で購入希望者が現れ、20万円の値下げを要求されて1250万円で妥結。
女性アイコン購入価格プラスリフォーム代、さらに明石大橋が一望のかなり景色のいいところでしたのでその分も上乗せして売り出し価格を決めましたが、反応が鈍く、近隣相場を元に値下げしました。
男性アイコン値下げを200万円しました。契約は5月だったのですが、新しい家ができるのが6月末予定だったので、引き渡しを7月末にしてもらったのでその間に仮住まいに引越等することを考えるとこのくらいは仕方ないと思って値下げした。
男性アイコン買主の方が物件をとても気に入られたのですが、予算オーバーしていて頭金がなくオールローンを組まれることになったのですが、1件目の銀行で審査が通らず2件目の銀行でローンが通りやすい金額になるように交渉され値を下げました。
男性アイコン値下げはしないつもりでいました。しかし、どうしても税金はかかってしまいますので約100万の希望売値額からの差額は生じました。
男性アイコン発売開始して約2か月後に、1850万から1700万円に値下げしました。
 これは発売前からの不動産会社の販売戦略で、希望価格に上乗せした状態で販売して様子を見て、ある期間経過後に価格を下げて、安くなったところに注目してもらって契約してもらおうということでした。1850万円(当初、売り出し価格)→1680万円(2か月後に、価格引き下げ)→1750万円(リフォーム(費用70万円)実施し、上乗せして販売)→1700万円で売却(買主様からの値下げ交渉で、50万円値下げ)
女性アイコン5150→4980→4860 と値下げしました。半年以上かかるとなかなか売れない物件と見られるという懸念と買い主が最適だと判断したため。ご夫婦で環境を気に入ってくれた。見学に来た方のなかには無理な条件や大変そうな状況の方、冷やかし半分のようなものもあり、堅実に物件を探していて将来性の高い方とお見受けしたので決めました。
男性アイコン当初は不動産会社の査定価格よりも若干高めで設定した(ローン残があったため)。しかしやはり問い合わせが少なかったため、査定価格に下げた(想定内の動きでした)。
女性アイコン一度別の方に売り出し価格で契約が決まったのですが、ローンが通らず白紙解除となりその後はなかなか決まらなかったので、買主からの値段交渉で売却金額まで下げて契約しました。
男性アイコン買主から、値引き交渉があった為。
男性アイコン高ければ、買う事ができないと言われたためです。後、私の手術費用も必要であったし、お金の入用があったため、急いで売りました。

【値下げしていない方のコメント】
女性アイコン買い取りですので、一番高い値を付けていただいた業者に決めました。
男性アイコン物件の場所が、バス停にも近く、駐車場にも近く人が行き来しやすい場所だったためそこがプラスになった。

値下げ交渉には応じるべきか?
【不動産売却時】値下げ時期とタイミング

Q.売却までにどのくらいの時間がかかりましたか。
 売り出しから売却までの期間 25人のアンケート結果(棒グラフ) 半数が3ヶ月以内に売却しているけれど・・・1年かかってやっと決まる人も多い
【コメント】
女性アイコン買い取りですので、関係ありませんが、2か月後に物件が売り出されているサイトを発見しました。見違えるほどきれいになっていること、もともと最上階で眺望もよく、パティオのある物件でした。2SLDKを3DKにして売り出していました。所有物件は、小中学校の近い物件で、量販店も近いという立地条件の良さで、ファミリー層をターゲットに売り出しをかけていました。大手不動産会社の検索サイトです。フラッシュでリフォーム後のきれいな部屋がPCで内覧できる広告でした。
1週間もしないうちに売約済で、動画も部屋の内部の画像もあっというまに取り下げてました。
男性アイコン約3ヶ月ですが、売却時の季節が秋だったのが良かったと担当者には言われています。

【こんな人もいました】
男性アイコン売り出した日からは10ヶ月かかっていますが、途中で6ヶ月の間家内の病状が悪化したためいったん売却を取り下げましたので、正味は4ヶ月です。※この方は4ヶ月とカウントしてグラフに入れています

売却後

売却を終えて、後悔していること、
不動産屋への不満を聞いてみました

女性アイコン
【購入価格】4,000万円
+リフォーム1,000万円
売り出し価格 4,500万円
実際の売却価格 4,300万円
仲介手数料、税金など支払った費用 税金・司法書司等の費用17万円、仲介手数料71万5千円
手元に残った金額 2,500万円
【後悔している事】
後悔していることはありません。より上手く売却するのであれば、繰り越し返済を行った直後に売却していれば築年数も浅く、もっと利幅が稼げたかも知れません。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
担当した営業マンの人柄によると思うが、連絡や手続きの対処がよくなかった。買主も同じことを言っていた。
男性アイコン
【購入価格】2,200万円
売り出し価格 2,460万円
実際の売却価格 1,810万円
仲介手数料、税金など支払った費用 税金は発生しておりません。仲介手数料は63万円
手元に残った金額 1,747万円
【後悔している事】
出ていく時期が決まっていて、確実に売りたかったという状況でした。買主もそのことを知っていたので、値段を下げられてしまったような気がします。どんな値段を出されても焦らずに断るなどして、もう少し長期戦でいけば高く売れたかも知れないと思っています。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
特にありません。進捗についても頻繁に連絡下さいましたし、他の物件を目当てで来店された方に当方の物件を勧めて頂いたりと良心的に対応してくれました。
男性アイコン
【購入価格】1,800万円
売り出し価格 1,100万円
実際の売却価格 600万円
仲介手数料、税金など支払った費用 滞納していた管理費+ペナルティ、固定資産税、仲介手数料
手元に残った金額 手元には200万円も残りませんでした
【後悔している事】
ネットで該当不動産があっという間に売れた経緯を知ったため、自分でリフォームして売却してもよかったかなと後悔しました。
その物件の強み(眺望や近隣にスーパー、幼稚園、小学校が近い、駅が近いなど)を書き出し、不動産屋まかせにしないで試に自分でプレゼンしてみることですね。どんな物件であっても視点をかえ売れる物件へとシフトできます!リフォームはしたほうが高く売れるというケースもありますが、たとえば買い手の趣味に合わない壁紙などマイナス査定につながりかねないと思います。
売却はとにかく、よりポジティブに強気でいきましょう!
私の場合、不安材料が多すぎて買い取りを選んだことは結果オーライだと思ってます。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
大手と言っても地元なのだなと感じました。メール、電話では大手の紳士的な対応でした。しかし、私のみえないところで管理組合、買い取り業者とうまくやっていたのだなと感じました。所有物件は、一刻も早く売却したほうがいい物件だと教えてくれました。ただ、遠方のお取引でしたので、大手で正解だったと自分も周囲も納得のお取引でした。
女性アイコン
【購入価格】4,230万円
売り出し価格 5,040万円
実際の売却価格 4,900万円
仲介手数料、税金など支払った費用 仲介手数料は163万 税金は控除を使いありません。
手元に残った金額 約1900万
【後悔している事】
かなりの不安と焦りがありました。
売れることが確認できないと次の新居に手付ができないなどのタイミングはありました。
正直かなり疲れました。
結果論としては高額で売却できたと思いますが、何度も何度も打ち合わせなど大変でした。
こうしておけばもっとよかったというのは結果として見当たりません。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
この業者にかかわらず、怖い世界だなと思いました
 当初、専任契約でもレインズに載せることにより、他の不動産屋にも情報がいくと言われていたのですが、実際にはそうでもなく、取引を行っていない業者がたくさんありました。業者間どうしで、過去にもめごとがあったなどが原因で、物件を提供しないことがあるということです。
そのため2週間ぐらいして、不安になり、他の不動産屋、3件ほどに相談に行きました。
専任契約をしているので、もちろん他の不動産屋とは契約はしませんでしたが、契約した業者が、仲介手数料のためかレインズに情報を載せずに物件情報を握りしめているのでは?と疑う気持ちになってしまい、いちど契約をやめたいと伝えました。
そのせいか、そこから、1週間後には買主がみつかりました。
たまたまなのか、こちらとしては金額交渉が成立すればそれでよかったので、当初の予定どおりその大手業者の仲介で売却しました。結果としては問題はありませんでしたが、売却期間中は疑いと不安とで、あちこち走りまわり大変でした。
男性アイコン
【購入価格】1,280万円
売り出し価格 1,310万円
実際の売却価格 1,250万円
仲介手数料、税金など支払った費用 税金はゼロ。仲介手数料は約45万円
手元に残った金額 約190万円
【後悔している事】
ありません。6カ月かかりましたが、引き合いはありましたし、まあまあ順調だったと思います。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
安い物件でしたので、若手社員を担当にされましたが、一生懸命やってくれました。週に1度の報告も、きちんとしてくれました。
女性アイコン
【購入価格】4,400万円
売り出し価格 3,330万円
実際の売却価格 3,130万円
仲介手数料、税金など支払った費用 税金はかかっていません。仲介手数料は74万円
残りのローン支払い2,400万円
手元に残った金額 約650万円
【後悔している事】
契約日より引き渡し日が先になるため、値下げを200万円したが、我が家が引越しをして部屋が空くと、荷物が残っているにもかかわらず、引き渡し日までに何度も鍵を貸してほしいと言われました。
結局、引き渡し日より1か月早く引き渡すことになったため、200万円も値引きする必要は無かったと思っています。
買う気満々で内覧に来られていたので、売り出し価格での売買交渉でもよかったと思っています。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
説明などもきちんと納得いくまでしていただけたので、特になかったです。
丁寧な対応をしていただけたと思います。
女性アイコン
【購入価格】1,300万円
売り出し価格 1,000万円
実際の売却価格 950万円
仲介手数料、税金など支払った費用 税金と手数料等約130万円
手元に残った金額 約800万
手元に残ったのは約800万位ですが、そのお金を利用し祖父の葬儀費用にしましたし、痴呆でいた残った祖母を特別養護老人ホームに入所させる資金にしたので、財産として私の手元に残った金額はほとんどありません。

【後悔している事】
その時はストレスにもなりましたが、無事に売却が出来て安心しました。
そして、1つ買い主さんにご迷惑をお掛けしてしまう事になってしまったのは、全ての名義変更等の手続きを終えたつもりだったのですが、郵便局に提出していた移転届以外に、祖父母宛てに届くDM等を破棄して頂かなければいけなかった事です。

【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
特に不満はありませんが、私に付いて頂いた担当者よりも買い主さん側に付かれた担当者の方が、手際が良かったです。
男性アイコン
【購入価格】780万円
売り出し価格 900万円
実際の売却価格 870万円
仲介手数料、税金など支払った費用 仲介手数料:337,050円 登記費用:20,370円 印紙代:10,000円
手元に残った金額 残金:8,332,580円
【後悔している事】
契約まではばたばたしましたがおおむね満足でした。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
業者さんへの不満ではありませんが、買主のローンが通らず、最初の契約が白紙になった時に、契約書へ貼った印紙代(1万円)は戻ってこないと言われました。
契約時に白紙解除の場合は手付金などすべて精算してプラスマイナスゼロとする旨聞いておりましたので、不動産業者に負担させましたが、おかしなシステムだと思います。
売主には何の落ち度もないわけですから、ローンが通ってから印紙を貼るなり出来ないものかと思います。
女性アイコン
【購入価格】未回答
売り出し価格 1,980万円
実際の売却価格 1,320万円
仲介手数料、税金など支払った費用 税金は、150万円ぐらいだったと思います。町民税が、606,200円です。
国民保険料が跳ね上がり、毎月最高額の75,000円です。
手元に残った金額 未回答
【後悔している事】
私が膝の手術をすることになり、仕事に行けなくなるのと手術費用などを作るために、そんなに焦る必要はなかったのに、早く売ってほしいと伝えたために、金額がかなり下がってしまいました。そこがかなりの後悔になっています。
【仲介不動産業者に対しての不満はありますか】
”不満”というほどではないですが、過去にも同じ不動産業者を通し、同じバイヤーさんに2度、田んぼを売ったことがあります。こちらが、”早く売りたい”という気持ちを出してしまったがために、業者は、また同じ方にたずね、相手の方は、高ければ買えないとおっしゃったそうで、焦る必要もなかったのですが、田んぼの世話をする事自体、父にとっては大変なことでしたし、気が変わってしまわないうちに買っていただこうとはなしがまとまりました。
 後から、ちょっと安すぎた・・・。と多少後悔しております。

より高く土地を売却するにはどうしたら良い?
【高く不動産を売るには】高値で売却するコツ・方法

物件売却前の必須知識
知っておきたい査定の裏側
失敗しない不動産業者の選び方
物件売り出し中の交渉術
売買契約とその後
不動産売却と相続手続き
ケース別売却ノウハウ
土地売却のコツ
このメディアの創り手

不動産を売却した過去の経験から、売主・買主共に最後まで気持ちよく売買取引ができる術をまとめました。